[特集]近代日本の女中(メイド)事情に関する資料一覧

明治、大正、昭和の女中事情を扱った資料一覧(リスト)を公開します。誰かが考察を深める・広げてくれることを願って、現状私が確認している入手可能な資料の一覧を掲載することにしました。

[映画/ドラマ/映像]Cranford(邦題:クランフォード)

『Cranford(クランフォード)』はエリザベス・ギャスケルの原作小説をBBCがドラマ化したものです。初回公開時、約800万人が視聴したといわれています。ここ数年では最も人気のあるクラシックドラマのひとつです。

[映画/ドラマ/映像]North & SOUTH(北と南)

『North and South』(北と南)はエリザベス・ギャスケル原作のBBCドラマです。この手のドラマにしては珍しく、工場経営者を主軸とし、描かれる風景も荒涼たるものです。そのギャップが、この作品の魅力です。

[映画/ドラマ/映像]バジル

『バジル』はヴィクトリア朝の著名な作家ウィルキー・コリンズの小説『バジル』(1852年)を映画化した作品です。ヴィクトリア朝期の貴族階級の親子を主人公にして、ある事件をきっかけに息子バジル(Basil)と父フレデリックが訣別し、歳月を経て家族の絆を取り戻していく物語です。

[小説/コミックス]ラークライズ

『ラークライズ』は19世紀イギリスののどかな田園風景が好きな方に、絶対に読んでいただきたい一冊です。興味のあるところを拾い読みするだけでも、英国の風景が広がることでしょう。登場する人物たちも愛すべき人たちばかりです。

[小説/コミックス]荊の城

サラ・ウォーターズはデビュー作から『荊の城』までの3作で、ヴィクトリア朝を舞台にした作品を書きました。そのすべてに使用人は登場し、存在感を発揮しました。中でも『荊の城』は物語だけではなく、使用人小説としての完成度が優れています。

[小説/コミックス]ドリーナ姫童話~クイーン・ヴィクトリア冒険譚

もとなおこさんの最新作はヴィクトリア女王を主役にした短編と、貴族の血筋の博士と結婚したガーデナーの娘と幼馴染だった執事の話に、初期作品の3本構成です。

[映画/ドラマ/映像]Far From The Madding Crowd [1967]

19世紀イギリスの文豪トマス・ハーディ原作『狂乱の群れを離れて』を映画化したものです。農場主の女性バスシーバと、彼女を取り巻く人々の田園での生活を、恋愛を横軸にした作品です。土に根ざした農場の暮らしが目を引きます。

[参考資料]『どん底の人びと―ロンドン1902』

アメリカ人作家ジャック・ロンドンが1902年にロンドンの貧民街(イースト・エンド)に入り込んだルポルタージュです。19世紀イギリスは上流階級の華々しい世界とわずかな距離を隔てて、著しい貧困が存在しました。その貧困だけではなく、放置する社会を彼は描き出しました。

[参考資料]世紀末までの大英帝国

『大英帝国~最盛期のイギリスの社会史』をもう少し研究書よりにしたのが本書です。『大英帝国』が新書ということで多くの方に向けられて書かれたのと異なり、本書は研究書として踏み込んだ内容になっています。

[参考資料]大英帝国~最盛期のイギリスの社会史

ヴィクトリア朝を詳しく知ろうと考えた時、和書ではこの本を最初に買いました。講談社の新書で、値段も高くありません。当時の社会情勢を把握できる大きな構成でありながら細部をしっかりとフォローし、導入書として最適です。

[映画/ドラマ/映像]Little Dorrit(邦題『リトル・ドリット』)

19世紀イギリスを代表する文豪ディケンズの小説『リトル・ドリット』をBBCが映像化した作品です。上流階級から労働者階級までを平等に扱い、ヴィクトリア朝社会や価値観を描き出しています。

[参考資料]ヴィクトリア朝万華鏡

ヴィクトリア朝に描かれた絵画を通じて、当時の社会背景を解説する意欲的な書籍です。美術書として楽しめますし、歴史を楽しむこともできます。絵画が映し出す色彩豊かなヴィクトリア朝を目の当たりにできる、良作です。