表紙

裏表紙
B5判:84ぺージ
頒価:500円
オフセット印刷
絶版

ヴィクトリア朝の暮らし 1巻
貴族とその屋敷

発行:2001年12月(2005年08月完売)

解説・補足
最初に作った同人誌です。主人公である少年ジョアンが母を亡くしたところに、公爵家から迎えが来る、そして屋敷に出迎えられるという「小公子」を参考にした展開です。ジョアンは階級社会の視点を持たず、自由に使用人たちと接していきます。

本シリーズでは、やがて彼が成人して、社交界に出て行くところまでを描きます。2006年冬コミで完結予定です。

この当時の上流階級の中でも極めて恵まれた人々は、ロンドンの邸宅以外に、地代収入のある領地を所有していました。社交界の『シーズン』にロンドンに出て、それ以外の季節は領地でのんびり過ごす、というライフスタイルがありました。

しかし子供は社交界に出られないので、領地を離れることはあまりありませんでした。寄宿学校に行く、という道筋もありましたが、そうした教育・学校分野の知識が乏しくて書けない、また貴族が学校に行くとも限らなかった事情などから、ジョアンは成年まで屋敷にいることにしました。

華やかな舞台である「カントリーハウス」(田舎にある屋敷ではなく、数百エーカーの領地に囲まれた屋敷・邸宅)には、その広さと豪奢な暮らしゆえに、数多くの使用人がいます。こうした屋敷でなければ、多くの使用人は必要ではありません。使用人は「貴族に仕える人々」でありましたが、同時に「貴族の住まう屋敷に不可欠」でもあったのです。

こうした視点や事実が興味深く思えたので、1巻では「仕えるべき貴族」「彼らが住まう、使用人を必要とした屋敷」を描きました。そこから「ではどんな使用人が働いていたのか」を、詳細に扱っていくのが2巻以降になります。

ただ、今読み直すと、知識がない分を想像や憶測で行間を埋めている傾向があります。現時点では大幅に修正するべきだと思うのですが、新刊を作る方向で動いている為に、余力がありません。活動が一段落したら作るつもりでいる「総集編」で、行います。

目次
■第一章 貴族とその屋敷
・オープニング
・交通手段
 馬|馬車|鉄道|自転車・車
・カントリーハウス
 屋敷へ到達するまで|税金|使用人にとって|外見の変化
・貴族の位階
 称号|地位|世襲以外の貴族|準爵位|貴族以外の上流階級
・相続
 相続のタイミング|長子相続|女性の不利|相続の整理|相続する側

■ヴィクトリアコミックレビュー(寄稿・藤好よう)
 天使の棲む部屋|コントラクト・キラー|ポーの一族

■第二章 『幕間の物語』

■第三章 キャラクターイラスト

■附録『カントリーハウス内観』

■終わりに

■参考文献集

誤植
・ページ数は実際の印刷に準じる→再販本では修正済み

1:6ページ
(目次のページ番号ミス:表記番号+2が正しい)

2:12ページ
(コラム『石炭その1』下から2行目:「石炭を使い始めたことでり、」
⇒「石炭を使い始めたことで、」)

3:27ページ
(貴族の位階図表で、下から5行目「貴族の次男以下の子供の長男たち」が不要)
4:79ページ
(終わりに:4段落目「ひとりだけと言えば『雪』(森鴎外:うたたかの記)
⇒「『雪』(森鴎外:かのように))

5:81ページ
(参考文献のリンクページ:以前、置かして貰った所を書いていますが、正しくはこのサイト内です)
→それ以外も再版では修正しています。


1巻/2巻/外伝1巻/3巻/外伝2巻/4巻/5巻/6巻/7巻/8巻/『ガイドブック』/『MAID HACKS』/総集編
はじめに/同人誌/イベント/制作日記/掲示板
  資料について/コラム・補筆/ヴィクトリア朝の暮らしTOP