[特集]仮説『日本のメイドブームの可視化(第1~5期)』

多様に存在するメイドブーム=日本の「メイドの曖昧性と特徴」

「メイドブーム」という言葉で検索をすると、「メイドブームは終わった」という声を見かけます。しかし、ここでいう「メイドブーム」は非常に曖昧だと私は思います。語り手によって「メイドブーム」の内容が異なるからです。

2005~2006年ぐらいに見られた「メイド喫茶の出店ラッシュ」をメイドブームとする人もいれば、アニメ版『まほろまてぃっく』(2001年,2002年)をメイドブームの牽引役とする紹介テキストもあります。詳しい方の間では、作品内で脇役だったメイドを「主体」にした『殻の中の小鳥』(1996年)がメイドブームを起こしたと周知されています。

これらは、観測者によって「メイドブームの定義」が異なることで生じています。日本のメイドブームは私の観測では5回あります。そのピーク・世間に広く届いたのが「メイド喫茶ブーム」(私の定義では第4期:電車男・アキバ・萌えとの相乗効果)であると考え、これまで調べた結果をもとに、この差異を示して全体の流れを明らかにする図の作成を試みました。現時点では第3期まで作っています。

私の考え方・見方は現時点では詰め切れていないものも含むので本タイトルは「仮説」としています。「正確性の向上」「仮説の検証」は今後精査しますが、まず叩き台を提示します。

図の作成は、[特集/リンク集] 日本のメイドブーム関連の情報一覧(2010/12/25)に掲載されている資料を参考にしました。私独自の見解は「第1~5期」までの分類や要素の整理にあり、既にある情報から構築しています。

ブームの分類の定義や個別の根拠・紐付けや図の補足は、今後作成予定の「第1~第5期」までを個別に解説するページで更新するつもりです。


■2017年10月追記

本考察を発展させた論考として『日本のメイドカルチャー史』を、2017年に星海社から刊行しました。本テキストがベースとなっていますが、大幅な改訂・増補を行っているので、最新の情報は同書にてご確認ください。

以下のテキストは残しておきますが、詳細は日本のメイドカルチャー史(著者による紹介)をご確認ください。

仮説としての『日本のメイドブーム(第1~5期)可視化』

私が考えるメイドブームの概要は次の通りです。

メイドブーム 期間 内容
第1期 1990年代 第1期メイドブーム「日本のメイドさん」確立へ(1990年代)
【守】「館に仕えるメイド」
【破】メイドジャンル確立と「主従関係」の眼差し
【離】「日本のメイドさん」化(萌え化・創作主体)
→「メイド服」に萌える視点も同時進行
第2期 1990年代 第2期メイドブーム~制服ブームから派生したメイド服リアル化・「コスプレ」喫茶成立まで
1.制服趣味・コスプレ内の「メイドデザイン服」
2.メイド服化の加速(『Piaキャロットへようこそ!!2』)
3.ゲームのリアル化によるコスプレ喫茶誕生
→「メイド服」属性の確立+”メイド”店員の登場
第3期 1990年代後期~2000年前半 メイド喫茶の誕生・独自進化、「メイドさん」一般作品増加
第4期 2005年前後 アキバ(メイド喫茶)観光地化、喫茶ブーム
「萌え」の加速、クラシカル回帰
第5期 2006年~ 「アキバ+メイド喫茶」の「アニメ・小説」への逆輸入

メイドブームを可視化するフロー図(現時点で「第3期」まで)

2017年10月追記

『日本のメイドカルチャー史』執筆により、同フロー図に大幅な改訂が必要となりました。時間がないので、そのうち、最新版を作ります。


以下、初期のテキスト

以下の画像はあくまでも「現時点での私の仮説」として捉えてください。情報が増加したり私が見落としている点を学んだりすることで、今後、変更される可能性があります。

仮説としてのメイドブーム(第1~3期まで)

※巨大なサイズでかつ小さな文字でしか作れなかったので、詳細を見たい方は、上記画像をクリックしてご覧ください。フルサイズで見えない場合はフロー図・最大サイズをクリックしてください。


補足

私はイギリスに存在した家事使用人としてのメイドを研究する同人活動を、この10年間してきました。今も研究は続けていますが、ここ1~2年は過去の日本やドイツ、アメリカといった国々で19世紀末~20世紀前半に雇用された「歴史的メイド」と、現代のイギリスやアメリカ、香港やシンガポール、中東諸国や南米でも雇用される「現代のメイド」にも視点を広げて勉強しています。

現代日本でブームを巻き起こした「日本のメイド」(メイドさん)は、「歴史的メイド」「現代のメイド」という観点からみると、極めて特殊に思えます。なぜ特殊に思えるかの理由はいずれ言及しますが、「日本のメイド」がどのようにして成立したのかを知りたいというのが、この考察の原点です。

今回のテキストは「日本のメイドブーム」を、これまでに集めた資料や私より詳しい方々の見解をお借りして、可視化する試みとなります。


修正・更新情報

修正・更新予定

■2010/01/20
○修正:でじ子→でじこ
○修正:第1期の内容を、今後の解説(2011/01/22を予定)に合わせて先に修正。図は後日修正
○修正:第2期の内容を、今後の解説に合わせて先に修正。図は後日修正

修正・済

■2011/01/29 第1期メイドブーム「日本のメイドさん」確立へ(1990年代)を公開。

■2011/01/18 ver1.1へ
○修正:第1次→第1期
○修正:【図】『鋼鉄天使クルミ』アニメ化(1997)
・『鋼鉄天使クルミ』(1997、アニメ化1999)
○修正:【図】『ココロ図書館』(2000)
・『ココロ図書館』(2000、アニメ化2001)
○追加:【図】制服ブームの明確化
○追加:『アンナミラーズで制服を』(1994、1998再版?)
○追加:TBSドラマ『理想の結婚』(1997)→ドラマで制服着用
○追加:『月姫』(1999?)